一写くらぶ&キャッツアイクラブについて


一写くらぶ&キャッツアイクラブは、15年前に立ち上げた写真教室です。現在会員数「28名」、月2回の集合形式教室と、在宅リモート教室と計3回6時間の教室を展開しています。

教室の前半は、会員全員がPC持ち込みによる、レタッチ技術の習得と、課題成果発表、後半は全員による作品互選と、内部講師による審査講評をしています。在宅教室はコロナ禍の影響が出始めた頃からスタートしており、「チュートリアル授業=家庭教師」を毎月開催。又、「キャッツアイクラブ」では、月2回16時間をサロン風タイムでフォトライフスタイルをより充実して、作品の品質を高める技術を磨いています。

2ヶ月に1回の撮影会、3年に1回の海外撮影会を開催しています。

年間1回、会員による「作品展」を開催し、畳一畳サイズを始めとする「大型作品展示」も金沢21世紀美術館で開催しております。

※「第14回展」は2020年9月開催予定でしたが、「コロナ禍」の影響で中止となり、その代わり「WEB」で発表する事としましたので、どうぞ会員の「力作」をご鑑賞賜れば大変光栄に存じます。
「第14回作品展」はこちら

ごあいさつ


 この度、金沢市のコロナ禍による影響を受けた団体に対して、「芸術文化活動の支援策」として、中止となりました「第14回展」を初の試みとしてWEB上で開催発表する事にしました。

 

来年まで一年間待つ事にしようと決めていましたが、市からの呼び掛けに決意し開催する運びとなりました事は、この上ない喜びでした。

 

コロナの災いがもたらしてくれた教訓の中から、リモート研修を思い付き、毎月1回会員一同「写真&パソコンに関するあらゆる項目の在宅研修会」を実践しております。

 

弊くらぶも高齢化の波が押し寄せていますが、「今日一日、明るく元気なフォトライフを過ごして行こう」をモットーにして活動を続けております。

 

くらぶの軌跡


設 立    2006年3月

 会員数    2020年10月 29名

 平均年齢   72歳

 グループ展
   
二塚公民館➡県庁19Fギャラリー➡フジカラー北陸➡金沢21世紀美術館(8年連続)

 来場者数(最近4年間実績)
   
2016年(5,792名) / 2017年(3,765名) / 2018年(3,022名)/ 2019年(4,129名)

 撮影履歴
   <国内>九州・沖縄除く全域で年間6回
   <海外>マルタ島・バリ島・台湾・中国・チュニジァ・ベトナム・東欧

 教 室    毎月前後期2回・リモート1回 計3回 6時間

 慰労会    年間2回(作品展開催後・忘年会・撮影会遠方旅行に随時)

 増員活動   一人一名を合言葉に「人材募集活動」

 記念誌発刊  毎年1冊制作

 エンジニア  ハード・ソフト両面のエキスパートを備えています

運営委員会


毎年、「金沢21世紀美術館」で開催する私たちの作品展が終了した後、翌年度に向けての取り組みを毎月行っております。「反省会」や「改善項目」に加えて「新規目玉作品」等にテーマを絞って進めております。

 

場所は、これまでに「金沢市民芸術村」、「金沢玉川町図書館」、「二塚公民館」、「金沢KCビル」等を利用しております。
 
開催5ヶ月前には、出品作品を確定し、全員で審査、キャプションの拘り、作品同士のバッティング調整、作品の1/10の縮尺サイズで、会場設計図に基づいてジオラマで再現しています。

運営委員会

作品制作


畳1枚サイズ(B0タイプ)やB1サイズ、障子戸、パノラマサイズ等がプリント出来る大型プリンターの導入で自在に作品作りが出来る様になりました。バックシート貼りもサイズに合わせてしています。

 

つまり、撮影からパソコンへ、そしてプリント、額装まで全て自前でしています。