個展ギャラリー 井村 稔


■ 能登あばれ祭り

 

 宇出津あばれ祭は、石川県無形民俗文化財となっている勇壮な祭りで、この祭りを皮切りに能登のあちこちで夏祭りが始まります。

 350年前、当地に悪病が流行したため、京都の祇園社から牛頭天王を招請して盛大な祭礼を始めたところ、神霊と化した青蜂が悪疫病者を救いました。喜んだ地元の人は、キリコを担いで八坂神社へ詣でたのが始まりとされています。高さ7m、40数本の奉燈(キリコ)が大松明の火粉の中を乱舞し、2基の御輿を海や川、火の中に投げ込んで暴れる勇壮な祭りです。

 

 平成27年4月、「灯り舞う半島 能登 ~熱狂のキリコ祭り~」が日本遺産に認定され、全国からキリコ祭りが注目されています。 

■  輪  島 大 祭

  輪島大祭とは、石川県輪島市で8月22日から8月25日の4日間行われる、同市に鎮座する奥津比咩神社(22日)・重蔵神社

 (23日)・住吉神社(24日)・輪島前神社(25日)の大祭の総称で、日本遺産にも認定されたキリコ祭りで知られる。開催

 日は8月下旬ともされ、変動がある場合がある。

  キリコとは、わかりやすく言えば巨大な灯籠。代表的な形のものは直方体状で、前後に文字や絵が書かれていて、中には

 灯りが入っており、上部には飾りや屋根が付いている。

  この四社に限らず、能登地方を中心に、このキリコ文化は分布しており、各神社の例祭などで担ぎ出されたり、巡行が行

 われたりする。キリコの形や大きさは、その地区により様々。

  毎年7月から9月にかけて、能登地方では各地でキリコ祭りが行われている。輪島市のキリコ会館では、色々なキリコを祭

 期間中以外でも見学できる。

  輪島大祭は、能登キリコ祭りでも代表的なもので、昔、舳倉島(奥津比咩神社)に鎮座した女神と、輪島市内(重蔵神

 社)の男神が年に一度、松明を目印に浜辺で逢う祭典が原点。

  この際に男女神は結婚して、すぐさま懐妊する。新たな神が誕生する生命力を祭典参加者は授かることになり、厄祓いと

 もなって、疫病退散・豊漁豊作にもなるという。

 

個展ギャラリー 北本 修


■ 秋味2020「もっと一杯、五箇山」

■天高く馬肥ゆる秋に五箇山の紅葉をめぐる


上旬:集落(標高400~200ⅿ)で紅葉が見られる。五箇山の世界遺産集落の紅葉はモミジやカエデが少なく、ブナやトチ、ナラといった黄色~橙色が多く見られる。


中旬:相倉合掌造り集落で「冬支度ライトアップ」が開催される。 下旬:紅葉も終わりかけ、山頂付近で初冠雪が見られることもある。写真は青空・積雪・紅葉の「三段染め」の様子。

 

天気のことなので運が良ければ見られる景色です。そろそろ車のタイヤをスタッドレスタイヤに変える時期

■ 観るなら京都の紅葉「東福寺」

◆観るなら東福寺◆

 金沢から東福寺まで2時間半余りで到着します。秋の京都の大人気のスポットだけあって、東福寺の紅葉が見頃の時期には、多くの人が幻想的な光景を堪能しようと参拝に訪れて、境内は大変賑わいます。境内の混雑ぶりは、人を見に来たのか、あるいは東福寺の紅葉を観賞しに来たのか、分からない程です。

■ 建国の聖地・橿原へ

◆橿原神宮◆

神武天皇が即位建国した宮趾に、明治23年(1890年)創建された神社。
第一代神武天皇とその皇后を祭神とする。本殿は、安政2年に建造された元京都御所の内侍所(賢所)で、文華殿は、昭和42年(1967年)に、織田家旧柳本藩邸の表向御殿を移築、復元したものであり、ともに重要文化財に指定されている。広さを誇る神域は、約53万平方mにおよび、敷地内には森林遊苑や深田池などもある。

作品へのご感想をお寄せいただけると嬉しいです♪  こちらへよろしくお願いします ➡︎ご感想はこちら